NHK教育テレビ「ベストスキー」「中高年のためのスキー術」で講師をつとめたシニアスキーの第一人者平沢文雄のスキーへの誘い
navi_img
ホーム
平沢文雄の各種スキー教室Winter&Summer
夏の間のスキー教室ボタン
ショップボタン
コラムボタン
Q&Aボタン
リンクボタン
プロフィールボタン
会社概要ボタン
メールボタン
好評発売中メッセージ
新作DVD&VIDEO

 

  平沢メソッド

  

>ホーム>ショップ_トップ
 
中高年シリーズ スキーDVD&スキービデオ
 

 
> 注文方法
 必ずお読みください

> 特定商取引法に基づく表記



■新作DVD 2016年9月発売■
  中高年シリーズ19 DVD (2016年9月10日発売)
 

2017シーズンDVD
(中高年シリーズ19)

「平沢文雄 スキーの世界」
〜コントロールこそスキーのすべて〜

(2016年9月10日発行)
29分 カラー
価格 4,500円(税込)+送料

お申込にあたりご注意

   
 

DVD  購入数

   

■平沢文雄からのメッセージ

 スキー用具の進歩とともに、滑る基本要領が変わりました。
これまでの滑り方は、右足のエッジから左足のエッジに体重を移しかえてターンをしてきました。
 これからは、斜面を歩いて降りる動作のように、交互に足を移動させて下ります。
 この方法は、足の裏のエッジからエッジへと移しかえるやり方ではなく、足の裏を移動させて滑るという意識になりました。
 この足運びによって、スキー操作は単純になり、シニア・スキーヤーでも、目覚ましく上達が出来るようになります。
 82歳になる平沢文雄のスキーのすべてを、皆様にお伝えしたいと思っています。


< 内    容 >

スキーは止められるという安心感がなければ、スピードを出すことも出来ません。
スキーをV字形に開いて、ブレーキをかける方法から伝えます。

【PART1】正しいプルーク

【PART2】間違いのプルーク

【PART3】新しいターン

【PART4】歩きからターンへ

【PART5】足の使い方とタイミング

【PART6】これから目指す滑り
(ペダリング・クロス・ターン)


 <中高年シリーズについて>
 シニアの特徴は、「基礎体力の衰え」よりも「バランスの衰え」が急速な点です。
 したがって、これまで慣れ親しんだ滑り方では限界があります。
 シニアには、目ざしてほしい滑り方があります。
 それは、自在にスピードをコントロールすることです。
 そのことを考慮に入れずにスキーを滑っていると、
 膝や腰の負担が多いばかりか、スキーの上達は望めません。
 この中高年シリーズは、シニアの身体能力を考慮した効率的な滑り方を収録しています。

  中高年シリーズ (バックナンバー)
スキーを極める

中高年シリーズ18
「スキーを極める」
- 常識を超えて-
(2015年9月10日発行)

> 詳細

新時代 夢を叶えるスキー術

中高年シリーズ17
「新時代 夢を叶えるスキー術」
- スピードとセーフティーターン-
(2014年9月10日発行)

> 詳細

ターン技術の大変革-DVD画像

中高年シリーズ16
「驚きの新技術」
- スキー技術は永遠に-
(2013年9月10日発行)

> 詳細

驚きの新技術-DVD画像

中高年シリーズ15
「ターン技術の大変革」
- バイペダリング・クロスターン-
(2012年9月10日発行)

> 詳細

平沢文雄のスキー流儀-DVD画像

中高年シリーズ14
「平沢文雄のスキー流儀」
- バイペダリング・クロスターン-
(2011年9月10日発行)

> 詳細

新世代のスキー-DVD画像

中高年シリーズ13
「新世代のスキー」
- 可能性への挑戦-
(2010年9月10日発行)

> 詳細

中高年シリーズ12
「ベストスキーメソッド」
- 技術・新時代-
(2009年9月10日発行)

> 詳細

中高年シリーズ11
「ベストスキーテキスト」
- 技のちから-
(2008年9月10日発行)

> 詳細

中高年シリーズ10
「驚異のスキー上達法」
- スピード・コントロールの核心-
(2007年9月10日発行)

> 詳細

●お勧め

最初のご購入で、何か1つという方へは、最新テクニックをご紹介した「シリーズ19」最新版をお勧めします。
毎年テクニックがシンプルになり簡略化していますので、より理解を深めたいという方には旧シリーズもご覧頂くことをお勧めしています。

また、一度でまとめて購入しても良いという方へは、「シリーズ11」(DVDまたは書籍)以降をお勧めします。「シリーズ11」は今のメソッドの基本となる部分が収録されていますし、携帯可能な書籍も出しております。また、「シリーズ12」「シリーズ13」「シリーズ14」「シリーズ15」「シリーズ16」「シリーズ17」「シリーズ18」では、その発展版を収録しています。

 
 

>

シニアにテクニックが必要なわけ

>

ビデオのメソッドでスキークール

 
 

> HOMEへ

>このページのTOPへ

 
 

(株)平沢スキー研究所 〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-10-304

Tel: 03-3988-1871  Fax: 03-3988-5765  E-mail: info@hira-ken.co.jp
(C) HIRASAWA SKI RESEARCH CORPORATION ALL Rights reverved/

このページは、シニアを中心としたスキー教室などで、スキーの普及活動を展開する「平沢スキー研究所」が作成しています。